和綴じ本の魅力

和綴じ本とは?

明治時代に欧米から入ってきた「洋本」に対して、 古来からある書籍を一般的に「和本」と呼んでいるようです。

 

その和本は、もともとは中国から文字と紙、さらに筆、墨、硯などの文房具が伝わり、 さまざまな工夫を重ね、長い年月を経て 「本」としてのスタイルを作り上げてきたのです。

 

「和本」という言葉には、日本の歴史そのものが綴られている と言っても過言ではありません。 掛け軸のように巻いた「巻物」やお経の本のような蛇腹折りの「折本」、 さらに江戸時代になると、版木と紙の大きさなどが規格化され、 少部数ながら書籍として流通するようになります。

 

なかでも、和本のスタイルを一身に集めたような本が「四つ目綴じ本」です。 文字通り、綴じ穴が4つある和本で、 これはお習字などで使う和紙を二つ折りにして丁合いし、 その一辺を糸でかがった本のことです。 現在でも邦楽や謡など、「和」の世界で生き続けている 伝統的な製本技術ででき上がった書籍です。

 

 

officeSAYAの和綴じ本

世界に一冊の本ですから、できるだけ丁寧にかがって「本」にしますが、江戸時代の出版業のように、版木に文字を彫り、刷るのでは、時間も経費も膨大な金額になってしまいます。

 

せっかくわれわれが手に入れた利器をおおいに使って、極めて少部数の「和綴じ本」を作っていこうと考えています。

 

実際にはレイアウトソフトのInDesignでページメイクをし、インクジェットプリンターで印刷しています。

 

こうしてプリントした用紙(和紙でも洋紙でも)を二つ折りの袋綴じにし、天地をトントントンと揃えて、ページが前後していないか、抜けがないかを確認したのち、本文の綴じシロに2カ所、目打ちで穴を開け、紙縒りで仮綴じします。

 

仮綴じした本文と表紙、裏表紙、見返しといった本を構成する各部品が揃って初めて、4カ所に穴を開け、糸かがりをし、四つ目綴じの本にしていきます。                      

綴じ終わってから、表紙にタイトルとなる書名を記した部分、和本では「題簽(だいせん)」といいますが、このタイトルを張って出来上がりです。

 

サイズはA5判(ヨコ148ミリ×タテ210ミリ)に統一しています。